ドマーニdomaniのソファやダイニングが購入できるご招待会へ、宮田家具総本店では無料でご招待いたします

東京都でソファー・フランスベッドを探すなら、創業100年の信頼と実績 宮田家具総本店
宮田家具総本店 電話番号:042-370-3311 住所:〒206-0801 東京都稲城市大丸690-7
宮田家具総本店トップページ 宮田家具総本店へのお問い合わせ 宮田家具総本店サイトマップ

ドマーニ トップページ(ご招待情報)

ドマーニdomani 新横浜ショールーム ご招待フェア情報

2017年8月20日(日)更新
ドマーニ 新横浜ショールーム特別ご招待販売会

↑↑お申込方法やイベントの詳細は上のバナーをクリック↑↑

  • 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜1-12-6
    カリモク家具 新横浜ショールーム domani(ドマーニ)ギャラリー

  • 平成29年 9月30日(土)・10月1日(日)
    10:30〜18:00 2日間限定の開催!

  • 宮田家具総本店の優待を受けるには、招待状が必要です。必ずご持参下さい。
    招待状請求はこちらから⇒

  • カリモク家具 ご招待招待状 メールお申込
  • カリモク家具 ご招待招待状 プリント印刷
  • カリモク家具 ご招待招待状 スマートフォン専用
  • カリモク家具 ご招待招待状 モバイル専用
  • マルニ木工 ご招待招待状 スマートフォン専用URL
  • マルニ木工 ご招待招待状 モバイル専用URL

ドマーニdomani 日本橋・新横浜・関東(川口)ショールーム ご招待会情報(随時受付)

  • ドマーニ 日本橋ショールームご招待販売会

    ドマーニ 日本橋ショールームご招待販売

    日時 随時受付中!
    ご都合のよい日時を指定して、
    ご予約ください。
    ※平日お休みの方におすすめ!
    開催場所 東京都中央区日本橋3-2-9
    三晶ビル1・2階

    内容 詳細はこちらから
    お申込方法 ご予約はこちらから
  • ドマーニ 新横浜ショールームご招待販売会

    ドマーニ 新横浜ショールームご招待販売

    日時 随時受付中!
    ご都合のよい日時を指定して、
    ご予約ください。
    ※平日お休みの方におすすめ!
    開催場所 神奈川県横浜市港北区新横浜
    1-12-6
    カリモク家具 新横浜ショールーム
    内容 詳細はこちらから
    お申込方法 ご予約はこちらから
  • ドマーニ 関東(川口)ショールームご招待販売会

    ドマーニ 関東ショールームご招待販売

    日時 随時受付中!
    ご都合のよい日時を指定して、
    ご予約ください。
    ※平日お休みの方におすすめ!
    開催場所 埼玉県川口市領家5-10-17
    カリモク家具 関東ショールーム
    内容 詳細はこちらから
    お申込方法 ご予約はこちらから

ドマーニdomani コレクション・コンセプト

ドマーニdomani モーガントンコレクション

カリモク家具 ドマーニ モーガントン

【Morganton モーガントン】
ドマーニ モーガントンコレクションとは− 世界をかけめぐる豪華客船の優雅なキャビンをモチーフにしてデザインされた家具です。長い航路を飽きさせないそのインテリアの中心にあったのが、 華やかな存在感を湛えたキャビンファニチャー。その豪奢な印象をモチーフに、 ホームファニチャーとして確立しました。
美しい年輪を刻んだ天然木と、ゴールドに輝く装飾金具の絶妙なコントラスト。 心地いい緊張感を漂わす。ミラーや照明の演出効果。現代の都市生活を魅惑の世界に誘います。
ドマーニ モーガントン ソファ>>
ドマーニ モーガントン ダイニング>>
ドマーニ モーガントン テレビボード>>

ドマーニdomani フォルザコレクション

カリモク家具 ドマーニ フォルザ

【Forza フォルザ】
ドマーニフォルザコレクションとは− 19世紀前半に隆盛をみた英国のリージェンシースタイルを基にしながら、現代の技術と感覚で磨き上げデザインされた上品な家具です。 ≪特徴≫ 華麗なまでの繊細さと、先ゆくほどスリムに絞った脚部がデザイン。 木目の美しさを一層引き立てる透明感と、輝きと艶立つ表面塗装。 直線と曲線が描く世界は、アールデコを思わせるデザイン。
ドマーニ フォルザ ダイニング>>
ドマーニ フォルザ テレビボード>>

ドマーニdomani オーブコレクション

カリモク家具 ドマーニ オーブ

【AUBE オーブ】
ドマーニオーブコレクションとは−
20世紀の夜明けより芸術家たちが、そのものの価値・そのものとの関わり方を見極めようとして生まれた様式 −アールデコ。その造詣をモチーフに、ダイナミックな風格と繊細な気品を追求し、 洗練されたスタイルを実現したコンテポラリーファニチャーです。
宝石のような輝き、滑らかな手触りのために、天板・鏡板には希少材のホワイトアッシュのこぶ杢を使い、 独特な木目の美しさを持つサテンシカモア材でまとめあげました。
ドマーニ オーブ ダイニング>>
ドマーニ オーブ テレビボード>>

ドマーニdomani クイーンズライフコレクション

カリモク家具 ドマーニ クリーンズライフ

【QUEENS LIFE クィーンズライフ】
ドマーニオーブコレクションとは−
20世紀の夜明けより芸術家たちが、そのものの価値・そのものとの関わり方を見極めようとして生まれた様式 −アールデコ。その造詣をモチーフに、ダイナミックな風格と繊細な気品を追求し、 洗練されたスタイルを実現したコンテポラリーファニチャーです。
宝石のような輝き、滑らかな手触りのために、天板・鏡板には希少材のホワイトアッシュのこぶ杢を使い、 独特な木目の美しさを持つサテンシカモア材でまとめあげました。
ドマーニ クイーンズライフ ソファ>>
ドマーニ クイーンズライフ ダイニング>>
ドマーニ クイーンズライフ テレビボード>>

ドマーニdomani ルイ15XVコレクション

カリモク家具 ドマーニ ルイ15世

【Louis XV ルイ15XV】
ドマーニルイXVコレクションとは−
18世紀フランスのブルボン王朝に花開いた曲線の芸術、 ロココ様式。それまでのバロック様式の荘厳さから開放された自由かつ軽快なロココスタイルは、 ルイ15世の親政時代に黄金期を迎え、繊細華麗なルイ様式として結実しました。ドマーニ ルイXVコレクションが お届けするのは、かつて王侯貴族や芸術家たちにこよなく愛され、二百余年の歳月を経てもなお人々を魅了し続けている優美 この上ない様式の家具です。
ドマーニ ルイ15XV ソファ>>
ドマーニ ルイ15XV ダイニング>>
ドマーニ ルイ15XV テレビボード>>

ドマーニdomani エクセルライフコレクション

カリモク家具 ドマーニ エクセルライフ

【Excel-Life エクセルライフ】
ドマーニエクセルライフコレクションとは−シンプルではあるが、品質、材質、デザインにこだわり抜いたドマーニ品質を約束した家具です。
高級家具材のウォールナット、ブラックチェリー、メープルの3種類からオーダーできるダイニングセットやキャビネット、 テレビボードなどは大人気商品。また、ドマーニのソファは、人間工学に基づいて設計され、座り心地抜群のカリモク家具のソファにさらに、 クッションにフェザーを使用するなど座り心地にこだわり抜いたものとなっています。
ドマーニ エクセルライフ ソファ>>
ドマーニ エクセルライフ ダイニング>>
ドマーニ エクセルライフ テレビボード>>

ドマーニdomani ブランドコンセプト

ドマーニ新横浜ショールーム 内観

【Domani ドマーニ −ブランドコンセプト−】
家具づくりへのこだわりと技術の粋を集結させたドマーニ。
デザインに、素材に、そして機械技術と匠の技に、時を超えて輝き続けさせるためのマインドが息づいてます。

  • カリモク家具 ドマーニブランドコンセプト 素材へのこだわり
  • 素材へのこだわり

    ドマーニの普遍性を裏打ちするのは、素材の優れたクオリティー。
    家具に使われるのは、唯一無二の天然素材。
    だからこそ、明日に残すべき価値を吟味する、
    確かな目が必要なのです。
    様式とともに、希少な木材もまた世界に求め、
    熟練の職人が選び抜いたものを使用。
    本革のなめし方、布の繊維・織り方の一つひとつに至るまでの
    独自のこだわりが、ドマーニの誇りです。

  • カリモク家具 ドマーニブランドコンセプト 加工技術へのこだわり
  • 加工技術へのこだわり

    木材のプロが厳選し、しっかりと調整された素材を
    家具にする工程に活かされているのが最先端のエレクトロニクス。
    一つとして同じもののない木材を、極限まで狂いなく形にしていく。 時には、人の手では難しい意匠を実現することもあります。 それを使いこなすのは、それぞれの専門分野で熟練した職人たち。
    優れた職人であるほど、使う道具は自らで作るもの。
    のみの一つから機械の設計に至るまで、
    長年の経験を活かして自社内で調整します。
    そうして加工技術を磨き上げることで、
    より確かな品質を今日も生み出しています。

  • カリモク家具 ドマーニブランドコンセプト 匠の技
  • 匠の技

    木材の面取りから始まり、木地の調整、
    繊細で優美な草木のモチーフを浮かび上がらせる彫刻
    そしてメイクともいうべき塗装。
    人が使うものだからこそ、経験や感触を頼りに、
    深い味わいを与えるのが職人の技。
    ましてや革や布の張り込み・組立て・調整などは、
    機械には到底なし得ない仕上げの要。
    幾人もの職人の手を渡って、厳しい品質基準をクリアしたものだけが、
    ドマーニの家具としてお届けされるのです。